演奏する前に知っておきたい
ピアノのしくみのお話

音作り・ピアノ作り


1. いいピアノとは


『いいピアノ』 とはどういうピアノのことを言うのだろう。
いろいろな文献を紐解いてみると、さまざまな角度から書かれてある。

「(1)タッチは敏感で、かつ軽快であること
(2)音が澄んでいて、強弱音が容易に出せ、かつ強弱量の幅が広いこと
(3)音もタッチも全体が均整されていること
(4)鍵盤もアクションもひとつの線のように整然としていること
(5)音階が正確であること。」
(中谷孝男著 『ピアノの構造と知識』より) 

「だいたいピアノという楽器に要求される要素として、まずオーケストラ的なもの、たとえば雄大な鳴りの問題や、管を思わせる響き、弦楽合奏的な音、オルガン的要素、チェンバロ的な面、それらをすべて満足させながら、何よりもピアノでなければ出せないピアニスティックな面を満足させる楽器でなければならない。」
(杵淵直知著 『ピアノ知識アラカルト』より) 

「優秀なピアノほど、その場を離れて聞いても、音の伸びの良さ、ハーモニーの美しさがわかるものです。」
(斎藤義孝著 『調律師からの贈物』より)


また、その選定に関しては …


「ピアノの選定とはつまるところ音の選定であり、楽器の持つ音楽性を洞察する力がなければ出来ないことなのです。
音は最初にピアニッシモを出してみて明快で伸びるかどうか、他の人に弾いてもらって少し離れたところで聞かれるのが良い方法です。(中略)またメゾフォルテもフォルティッシモも全く同じような音を出すピアノがあります。そしてそんなピアノは多くの場合ピアニッシモがモヤモヤして明快ではありませんし、タッチも手袋をはめたような感じです。音としてはまず頭でっかちでなく、同じ幅でどんな強さでも伸びていくようなピアノを選ぶことです。」 
(杵淵直知著 『ピアノ知識アラカルト』より) 

そして、どの本にも書かれていることは、品質を保つための管理、つまり調律・整音・整調がなされていることが必要条件である。

しかし、その条件が充分に満たされているとすれば、それ以前の問題、つまり製造過程での良し悪しが問われることになる。

「レオニード・クロイツァーはこう言っている。『ピアノの出す一つの音は、(中略)それ以上の何ものでもない。一つの音だけでは純物理学的現象であり、工場で製作された製品である。』(中略)だからこそ、ピアノはポーンと鳴らした単音がまず美しくなくてはならない。
ピアノを選ぶ時、私の場合は、まずはじめに最低音から最高音まで、全域にわたって一つ一つの音を鳴らし、それぞれの音にムラがないか、余韻が豊かに続くか 、強弱が十分出るかなど、耳を澄ませて丹念に聴くのである。 (中略)音色のムラは調律師が直せます、という人もあるかも知れない。しかしこれはあまり信用しない方がよい。直せるくらいなら、店に出す時直しておくというのが良心的である。

特にその原因が響板にある場合など、ほとんど不可能といってもよい。これがピアノの選択のコツであり、いろいろ曲を弾いてタッチなど調べたり、全体的な響きをチェックするのはその後ですることと私は考えるのである。
クロイツァーがいう“工場で製作された製品”としてのテストを第一にやるべきだ。」
(高城重躬著 『 スタインウェイ物語』より)


最後に、ルドルフ・ゼルキンの興味深いエピソードを。 


「ある地方で二台のスタインウェイのうちから一台を選ぶことになりました。ひとつはよく整調・調律されたもの、もうひとつはあまり手入れもされずに置かれていたものでしたが、ゼルキンは、今は状態がよくないが、 整調・調律をすればこちらのほうが良いと言って後者を選びました。」
(斎藤義孝著 『調律師からの贈物』より) 

以上のように、「製造」と「管理」によって 『いいピアノ』 は作られるようである。

 2. ピアノのタッチとは

〔ヤマハ / ダブル・レペティション 実線は打鍵前、点線は⑥の状態を表している。〕



ピアノの良さを決定する条件は、音質とタッチの二点に集約され、それは製造と管理によって作られる。
演奏者にとって何よりも切実な問題は、タッチである。
ピアノのタッチを言葉で表すことは困難であるが、その模様を分析してみようと思う。


キーをゆっくりと静かに押下げてゆくと…

①ジャックがハンマー・ロールを突き上げてハンマーを押し上げはじめる。

②キーが3分の1下がったところでキーの奥の先端がダンパー・アクションに当たる。

③半分下がったところで止まるような抵抗を感じて、ジャックがレギュレーティング・ボタンに当たる。

④垂直方向に動いていたジャックが、レギュレーティング・ボタンによって止められ、 その接点を中心に水平方向に弧を描き、ロールの皮を滑りながらハンマーを押し上げ続ける。

⑤ジャックがハンマー・ロールを滑り終えてハンマー・ロールからはずれる。(接近)

⑥ジャックから外れたハンマー・ロールは一瞬のうちに下がり、レペティション・レバーで受け止められる。(ドロップ)

この④~⑥の一連の動きの中に感じられる抵抗感をアフター・タッチと言う。